人事評価制度の作成

中小企業に合ったシンプル人事評価制度

人事評価や賃金制度は大企業のものを持ってきてもうまく機能しません。
無理な人事評価を進めると、逆に社内の空気が悪くなってしまうこともあります。
御社の業務にあったシンプルで運用しやすい制度を一緒に構築しませんか。

人事部が独立していない社員100人程度までの会社に適した人事制度を構築します。
中小企業では属人的な業務が多く、1人に掛かる業務の割合が高い場合が多いため、出来るだけシンプルな評価制度が求められます。
個人目標や部門目標を入れることを求められることもありますが、目標自体が負担になっては本末転倒です。
必要なことを絞り、それに対しては確実に実行するようにします。

人事制度の基本は「職場での役割」であり、「職種における能力」であり「もたらす成果」です。
以下の5つのポイントで評価者は評価しましょう。
1.最小限の手間で
2.明確な判断基準から
3.出した成果を
4.正当に評価し
5.今後の成長に繋げる

■評価者
1.自己評価   被評価者
2.1次評価者 直属の上司(面談)
3.2次評価者 部門の上司(小規模企業は省略可)
4.3次評価者 経営者(決定者)

シンプルで運用しやすいながらも、確実に評価ができる制度を構築しましょう。

お問合せはこちらから

Office

  たけせ社会保険労務士事務所

  〒802-0001
  福岡県北九州市小倉北区浅野3-8-1
  AIMビル6F COMPASS小倉110号室

  TEL 093-473-2892
  FAX 093-330-4546
  携帯 090-6299-3606

  E-mail takese-y@fukuoka.nifty.jp

マップ