労働トラブルが発生したときは

トラブルは、とにかく早く対処することが大切です。

トラブルを会社の転機として、より良い会社に変わるためのチャンスだと思ってください。
また、労働基準監督署は会社を指摘するためにあるものではなく、改善しようとする会社にとっては不備を教えてくれ、やり方を支援してくれる機関です。
味方になってもらいましょう。

以下は労働トラブル等の例です。あてはまるものはありませんか?
トラブルは小さなうちに対処することが大切です。
当事務所は労働トラブルに対する案件をお気軽にご相談下さい。

【労働トラブルの例】

  • 未払い残業の請求が来た
  • 不当解雇として内容証明が届いた
  • ユニオンから団体交渉の申し出があった
  • 労働審判の連絡があった
  • 労働組合を作ると従業員から連絡があった
  • 社内で嫌がらせが発生した
  • 社内で従業員が対立し、大量退職の申し出があった
  • セクハラ・パワハラの相談があった
  • 従業員が暴力事件を起こした
  • 労働災害が続いている
  • 年次有給休暇が取れない、取らせてくれない
  • サービス残業を求められる
  • ミスを繰り返す社員がいる
  • 何度言っても理解できない社員がいる

これらの問題を抱えている場合は、就業規則の見直しと管理職教育が必須です。
どこに気を付ければいいのだろう?と思われたら、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせはこちらから

【その他のトラブル】

  • どうしても会社や同僚になじめない社員はいませんか?
  • いじめられたり、周りに相手にされていない社員はいませんか?
  • あなたは仕事がしにくくないですか?
  • 同時にいくつものことを考えたり、作業をすることが苦手ではないですか?
  • 会社のことを考えると、憂鬱な気分になりませんか?
  • 人の気持ちがわからない人だ!と言われたことがありませんか?
  • 空気が読めないと言われたことがありませんか?

これらの問題を抱えている場合は、社員教育が必須です。
まずは管理職からこれらのケースについて学んでみませんか?
特性を知れば、お互いが生きやすくなります。
得意な分野を伸ばすことで会社に貢献できることもあります。
どうしたらいいんだろう?と思われたら、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせはこちらから