労務に関する相談

採用から退職までをトータルで支援

採用は思う以上に手間がかかるものです。
採用にかかる書類準備から手続きを一括でアウトソーシングしませんか?

  • 採用(新卒・中途)
    ハローワーク,その他求人サイトへの求人手配,応募者からの問合せ対応,採用試験の会場の手配・準備,採否通知

  • 入社手続(入社時の書類・社会保険等手続き)
    入社時に会社に提出する書類一式準備(雇用契約書,雇用条件通知書,誓約書,身元保証書等)
    社会保険等手続き(健康保険,厚生年金保険,雇用保険等)

  • 人事評価(昇給・昇格・賞与)
    評価者研修

  • 社員研修(新人研修,リーダー研修,管理職研修)
    持ち味カード,承認カード等を使ったワークによるコミュニケーション研修
    ハラスメント研修(パワハラ,セクハラ等)

  • 定年退職者説明会
    定年退職者に向けた各種手続き等の説明会

お問合せはこちらから


社内のトラブル

1.初期段階

社内でのトラブルは放っておくと問題が大きくなることが多く、内容によっては会社責任が問われることもあります。
そんな些細なことで…と思っても、当事者にとっては大きな悩みかもしれません。
不満が大きく膨れ上がる前に、まずは話を聞くことから始めませんか。
「業務の過剰な負担や人間関係でのストレス等で体調が良くない」「出社するのが辛い」
「数日休んでも疲れや精神的に不安定な状態が続く」
そのような方が会社にいらっしゃる場合は、早めにご相談下さい。
キャリアコンサルタントの資格を持つ社労士がお話を伺い、手伝いさせていただきます。
必要によっては心療内科や相談機関をご紹介させていただきます。

2.中期段階

社内のトラブルが大きくなり社内でも問題になった場合、会社としてどのような対応をお考えですか。
早く対処できることは、少しでも問題が小さいうちに対処しましょう。
特に労働トラブルの場合は、退職後に大きな問題となるケースが多いです。
また、社内だけで対応してトラブルが大きくなることもあります。
まずは「何か問題が発生したら」ご相談をお勧めします。

3.最終段階

最終段階とは言っても、まだまだ対応策が考えられるものがあります。
下記のトラブルの例のような場合も焦らず、まずはご相談下さい。
最善策を共に見つけましょう。

【トラブルの例】

    • 問題がある社員の対処に困っている
    • 退職者から内容証明で未払い残業代の請求があった
    • 退職者から不当解雇と訴えられた
    • 普通解雇か自主退職か、労使の認識の違いがあった
    • いじめ・嫌がらせにより退職した社員から慰謝料の要求があった
    • ミスが多い社員の降格,賃金引き下げでパワハラをされていると匿名メールが届いた
    • 精神的疾病で休職と復帰を繰り返している
    • SNSへの投稿被害

労働トラブルが発生したときは

お問合せはこちらから

【用語解説】

  • 労働審判
    労働者と会社(使用者)との間で発生した労働問題を労働審判官と労働審判員が審理し、迅速で適正な解決を図ることを目的とする裁判所の手続き
    個人と会社との労働問題を審議する制度のため、集団ではできない労働者としての権利に関する争いが対象(賃上げ等は不可)
    ・賃金に関するトラブル(残業代未払い,給料未払い,退職金・賞与未払い等)
    ・雇用に関するトラブル(不当解雇,雇い止め,退職強要・退職勧奨等)
     (図:裁判所HPより)

  • あっせん(斡旋)
    労働者と会社(使用者)との間で起こった労働トラブルについて、労働者の申立によって開始され、あっせん委員の仲介によって話し合いを行う制度
    あっせんの対象は、不当解雇、残業代請求、セクハラ、パワハラなど話し合いで解決する制度
    (表:中央労働委員会HPより)

お問合せはこちらから

 

Office

  たけせ社会保険労務士事務所

  〒802-0001
  福岡県北九州市小倉北区浅野3-8-1
  AIMビル6F COMPASS小倉110号室

  TEL 093-473-2892
  FAX 093-330-4546
  携帯 090-6299-3606

  E-mail takese-y@fukuoka.nifty.jp

マップ