NEWS 新着情報

社外の労働組合から突然、団体交渉の申し出がきた場合、 あなたは冷静に対応できますか?

・どの会社にも起こり得ること

従業員が所属している企に関係なく、個人単位で加盟できる労働組合あります。 (以下、社外労働組合)
これらは一般的な単一の労働組合とは違い、会社や職種に関係なく組織されたものです。
たとえ社外労働組合であっても、それを無視することは好ましくありせん。
対処の仕方によっては不当労働行為と見なされ、不利な状況を作ってしまうことになりかねません。

 

・団体交渉は決して怖いことではありません

きちんと誠意をもって対処し、余計なトラブルを避けることが1番です。
また、大きな問題に発展しないようにするためには、事前に知識を持っていることが大切です。

 

・具体例

・団体交渉を申し入れられた場合、無視をせずに誠実に対応するようにしましょう。
全く相手にしない場合など、状況によっては不当労働行為とみなされ、今後の交渉が不利に
なりかねない状況になるかもしれません。では、どう対応すれば良いのでしょうか?
・申し入れられた団体交渉の日程や時刻は別の予定が入っていて都合が悪い!
では、どう対応すれば良いのでしょうか?
・議事録等、名称にかかわらず安易に署名をしてはいけません。なぜなら…etc.

関連記事

Office

  たけせ社会保険労務士事務所

  〒802-0001
  福岡県北九州市小倉北区浅野3-8-1
  AIMビル6F COMPASS小倉110号室

  TEL 093-473-2892
  FAX 093-330-4546
  携帯 090-6299-3606

  E-mail takese-y@fukuoka.nifty.jp

マップ